何を目指しているのか

Pocket

カーボンニュートラルな農業では、農作物の生産工程において温室効果ガスである二酸化炭素を排出させない事を目指しています。土を耕す事や除草剤など農業に関する場面において二酸化炭素が排出されてしまう事は多く、それによって温暖化が進む原因となっているとされています。しかしカーボンニュートラルな農業はこの温室効果ガスが排出されてしまう生産工程において、そのガスを発生させない事を目的とし、ひいては温暖化を止めるための大きな役割を果たすようにという事を目指しているのです。

土を耕すという事は農業において必須とも言える工程ですが、この土を耕すという工程において土中にあった炭素や窒素が排出されてしまい、二酸化炭素が発生する原因となってしまいます。温暖化が進むと農地として利用してきた土地が農地として使えなくなってしまったり、海面上昇などが原因で農地そのものが無くなってしまうという危険も予想されています。生産工程において二酸化炭素などの温室効果ガスを排出してしまう農業において、温暖化という問題は農業そのものが持つ大きな問題点となっています。

カーボンニュートラルな農業が目指すのは、生産工程において温室効果ガスを排出しないというだけではなく、生産そのものの効率化なども目指しています。温暖化が進むことはそのまま農業全体の問題にもなってしまいますから、温室化を止め、さらに農業を効率化する事こそカーボンニュートラルな農業の目指すところです。