具体的に何をするのか


カーボンニュートラルな農業では、実際にどのような事を行うのでしょうか。行われている活動としては、品種改良によって収量を高め、単位面積当たりの植物による炭素吸収量を増加させて二酸化炭素を減らすというものがあります。さらに遺伝子組み換えによって耕さなくても雑草防除が可能となり、土を耕す必要がなくなり耕す事で炭素や窒素が発生してしまう、トラクターなどからの排出ガスを無くすといった生産工程において今まではどうしても出てしまっていた温室効果ガスの排出を止める事も可能となりました。

また収穫前だけではなく収穫後の事も考えられており、収穫後は一部の作物を農地に残し、炭素を土壌に蓄積させたり被覆作物と呼ばれる作物を植える事で、休閑期であっても炭素の吸収を行えるようにしています。こうする事によって休閑期であっても炭素を吸収する事が可能になり、カーボンニュートラル、つまりは排出される二酸化炭素と吸収される二酸化炭素の量が同じになるようにしています。

このようにカーボンニュートラルな農業は、生産工程だけでなく生産工程以外の場面でも温室効果ガスの発生を抑え、排出される二酸化炭素と吸収される二酸化炭素の量が同じになるようにしています。温暖化は農業そのものを衰退させてしまう問題で、それへの対策として温室効果ガスの発生を抑えるため、そして吸収される二酸化炭素を増やすために品種改良などによってさまざまな作物を生み出しています。