カーボンニュートラルとは

Pocket

地球温暖化が叫ばれて久しい昨今ですが、この温暖化の原因とされている温室効果ガスは土壌や肥料、水田といった農業に関わる場所や物からも発生しています。そんな中注目されているのがカーボンニュートラルで、これは資源のサイクルの中で二酸化炭素の排出量と吸収量が同じになる事を指しています。実は農業関係から排出されている温室効果ガスの割合は、世界全体で見ると第2位となっており、工業や車などの輸送業に比べても高い割合とされています。そのため現在、カーボンニュートラルとなる農業が注目され始めています。

農業や酪農といったものは温室効果ガスの排出とは関係ないと思われがちですが、例えば土を耕す事で土壌に含まれている炭素や窒素が空気中に放出されてしまい、温室効果ガスである二酸化炭素などを生み出す原因となります。農業は私たちが生きていくために必要なものですが、温暖化もまた私たちの将来に関わる問題です。カーボンニュートラルな農業とは、農業によって排出されてしまう温室効果ガスの排出を少しでも少なくして温暖化を防止できる農業の事を指しています。ですがカーボンニュートラルな農業といっても、どのような活動をしているのかという事はわかりにくく、ピンとこない人も多いのではないでしょうか。

当サイトではカーボンニュートラルな農業というものはどのような事をしているのか、どういった効果が期待されるのかといったカーボンニュートラルな農業についての簡単な解説をしていきます。