データが重要となる

Pocket

カーボンニュートラルな農業は企業などが主体となって行っています。企業によって行っている内容は違っていますが、そのすべてがカーボンニュートラルな農業を実現するために、品種改良や作物生産のためのモデル導入プログラムなどを行っています。こういった企業の努力によって、カーボンニュートラルな農業実現に向けて多くの試みや結果が残されており、さまざまな実現への手段が見つかっているのです。

また企業が行う活動として重要となってくるのがデータサイエンスと呼ばれるもので、農地の肥沃度や気象データを継続的に収集、活用していくことで温室効果ガスの発生原因となる窒素が使われた肥料などの投入を減らしています。農業の生産工程などで発生する温室効果ガスは、このデータサイエンスの導入によって飛躍的に減らす事ができると期待されており、アメリカでは年間1億トンもの二酸化炭素排出削減が可能になるともされています。農業は私たちの生活には欠かせないものだからこそ、こういった削減をしていくことで温室効果ガス削減にも大きな効果を期待する事ができます。

しかし、カーボンニュートラルな農業を実践するのはあくまで農業生産者という事は忘れてはいけません。生産者からの関心を高めるためにも、企業側はこういったデータサイエンスなどでの成功例を示していくことや、システム導入によって生産者にどのような利益があるのかをきちんと示し、利益を得られる仕組みを作っていくことが必要となります。